2011 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローカル サウンド スタイル


p108.jpg



公式HPにて、約3ヶ月ぶりの更新がありました。


非公式リツイートみたいな

LOCAL SOUND STYLEの公式HPより転載。




― LOCAL SOUND STYLEより大切なお知らせ ―

この度、わたくし荒関将寛は、個人的金銭トラブルにより
LOCAL SOUND STYLEを脱退します。
今まで応援してくれた皆さんや、関係者の皆さん、活動を共にしてくれた
メンバーには、多大なるご迷惑をお掛けしてしまい、
本当に申し訳なく思っております。
今まで自分が音楽活動を続けて来れたのは、CDを買ってくれたり、
ライブに来てくれた皆さんのお陰です。
そんなファンのの皆さんには、感謝の気持ちと、
申し訳ない気持ちで一杯です。
ここまで音楽を続けさせてくれてありがとうございました。
そして、皆さんの期待をこんな形で裏切ってしまい、本当にごめんなさい。

2011年8月30日 荒関 将寛



今年6月の活動休止の理由は、荒関のコメントにある通りです。
トラブルの報告を受け、メンバー/スタッフ共に問題解決に向けて
模索してきましたが、先日、本人から「今後は一人で対応していきたい」
との旨と、「脱退」の意思表示があった為、今回の発表に至りました。
自分達の中でも気持ちの整理が難しく、詳細をお伝えする事が出来ないまま、
6月には突然の活動休止という形を取る事となり、ファンの皆様、
関係各所の皆様には、多大なるご迷惑、ご心配をおかけしてしまい、
本当に、本当に申し訳ございませんでした。
また、多くの方々から応援のメッセージを頂く中で、
荒関の脱退という形でのご報告となってしまった事、
重ねてお詫び申し上げます。

4人での活動がこのような形で途切れてしまったことは残念ですが、
黒瀧、後藤、齋藤の3名の今後の活動を見守っていただければ幸いです。

今後のLOCAL SOUND STYLEにつきましては、
ホームページ/ブログ/twitter等を通じて、随時広報させて頂きます。

2011年8月30日
LOCAL SOUND STYLE 黒瀧 孝之 / 後藤 裕亮 / 齋藤 康輔






まず初めに、このことを自分に知らせるためにわざわざ直接コメントを下さった方々、ありがとうございますm(_ _)m


端的にまとめるとこうです。







・今年6月の突然の活動休止宣言の詳細


・LOCAL SOUND STYLEのVo.件Gt.の荒関さんが個

人的金銭トラブルで脱退 故の活動休止


・残った3人はこれからまた別々に活動していく予定...















この発表を、ファンはどう受け止めればいいのか・・・。

突然ツイッターで「LOCAL SOUND STYLEより重要なお知らせ」を見た時には震え上がりました。

ままままさか活動再開!!!!!!?????? なんていう期待と、その直後に襲う見てはいけないような不安感。

結果、望みは叶わず。で、内容。

活動休止の原因は荒関さんの「個人的金銭トラブル」。単純に思いつくのは、CDの売り上げとその収入の問題。

まぁでも本当の内容はもっと深い複雑な事情があるんだろうから、あまり勝手に深読みするのは無意味と思うので特に考えないことにして、

とりあえず

活動休止が、決定。っていうかこれはもう解散かしら?どっちにしろ同じ意味か・・・。

うーん・・・。

「悲しい」とか「再結成してほしい」みたいなことは6月に全部書ききったから今更特に言うことないなぁ。

(とか言って、LOCAL SOUND STYLEのオフィシャルブログには誰よりも早くそういうコメントを残してきたんだけど)


っていうかローカルのブログ!コメントが認証性で非表示になってるけど、せめてメンバーの人は見てくれてるのかな!? 最後のファンの叫びを!頼みを!

・・・たぶん今の流れでは一生表示されそうにないから、せめて自分で書いたコメントはここにも置いておきます。改めてローカルの活動休止について掘り下げた感想です。






自分はエモ・ロックというジャンルでLOCAL SOUND STYLEが一番好きでした。だから今回の活動休止はとても悲しいものでした。しかしそれは、個人的に好きなバンドが活動を休止するから悲しい、程度のことではなく、国家的、またはロックの歴史的財産の損失を思って、とても心が痛むのです。それほどに、LOCAL SOUND STYLEの作る曲は自分の心を打ちました。
6月の活動休止の発表は突然のことで驚きましたが、今回はその詳細を知れてよかったです。おかげで踏ん切りがつきました。
もうLOCAL SOUND STYLEの新曲を聴けないのは残念ですが、それでも今までに作られた多くの名曲があります。自分はそれを一生聞いていくつもりです。
LOCAL SOUND STYLEは自分の中でこれからも最高のバンドです。いままでの活動、本当にお疲れ様でした。








文字数の問題で最短限に収めた文章。ちょっと大袈裟に言いすぎたか・・・?

っていうか、あー

バンドなんて永遠に続くわけではないんだから、いちいちこうやって解散する度に悲しんでたらキリがないよなー


って思うけどローカルは特別だったんですゔゔゔぅ゙ゔぅ゙ぅ゙ゔ!!!!!!!!!!!!!!!!


う・・・うっ、うぅ・・・

もし俺ワンオクかラスベガスが今解散とかしたらもう登校拒否になるわ・・・

まぁどっちも売れてるから問題ないか・・・

っていうか学校には行けよ・・・

それより今心配なのはしおんぬ・・・!辻詩音!ここ半年くらいまったく音沙汰なし!これはまずい!まずいぞおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!



おっと話が逸れた

いやもうマジで

あああああああああああああああ

ローカルさあああああああああああああああああん

僕はずっっっっっと

あなたのことがああああ

好きでしたあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



101210_1646~01


部屋に飾ってるタオルで涙を拭くぜ・・・







今日のカロリッスン


LOCAL SOUND STYLE - Sailing



LOCAL SOUND STYLEの最期にふさわしい曲。(だと個人的に思った曲)

これを聞くと、「Doing It For The Kids」のジャケットのような景色が浮かぶ。

知らない道、知らない世界。でも、希望に溢れてるような、自由な世界。たしかこんな感じのインタビューをどこかで読んだような(?)

とにかくこの曲を聴くと、まるで旅をしているような感覚になる。何が何でも前を向いて進まないといけないような気がする。

なんていうかもう大袈裟な話人生の要素が全部詰まってるような気がする。っていうか俺の人生が。だって毎日聞いてたから・・・。いやほんと・・・

もうまた泣けてきた・・・ たおるたおる・・・


金があったら再結成すんのかなぁ・・・なんて(ボソッ
スポンサーサイト

個人面談。

images_20110825174100.jpg






ここここ

個人面談に行ってきたおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!













111111.jpg






内容は


・文転について (学校生活での変化、勉強内容の方向性など)
・大学
・就職
・っていうか文転なんてして単位とれるの?死ぬの?
・理系科目から逃げてんじゃないの?死ぬの?もう死んでるの?
・そもそも夏休みに努力できた人は文転したいなんて言いません。ん?ップフwwwwwwwww





だいたいこんな感じ・・・を1時間。


※実際はかなりいい先生で、面談の内容も意義あるものでした。


で!結局どうなったのかというと・・・


文転は保留!! というより様子見?


・正直言っていくらやる気があろうが、結果的に成績が上がっているかどうかは分からない。

・文系なんて私文狙いの「英・数・国」の3科目だったら理系の内容と共通している。

・特に日常に変化があるわけではないのだから、とりあえず今は理系の生徒の一人として学力的な余裕を取り戻し、それから文転について考えてはどうか。っていうか学校の勉強をまず頑張れ。単位がヤバイ。


などの理由から文転に焦る必要はまったくねーじゃん!むしろ今すぐパソコン切って勉強しろ!!!!


ってな感じ!!!! 面談してよかった!!!! いろいろスッキリした!!!! こんなに有意義な人間との接触は久しぶり!!!! 先生ありがとうございます!!!!





今日のカロリッスンうわああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



re:plus - Time Goes By feat. Hydroponikz & Anika





re:plus!!!!!! re::::::::plus!!!! ついにカロリッスンもHIP-HOPの境地へと足を踏み出しましたああぁあぁぁあ!!!!!!!!!!!

わあああああああい やったあああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

はぁ・・・ はぁ・・・

で、re:plusです。これはHIP-HOPの中でもJazzy HIP-HOPというジャンルかな?

後ろのトラック・・・後ろで流れてる音楽が、すごく綺麗でメロディアスでジャジーでメロウ!そんなJazzy HIP-HOPです。

これは気合いを入れて聞くような音楽ではありません。少なくとも自分はそうですが、疲れた時、作業をする時、または部屋のBGMとして流すのもよし・・・そんな音楽です。

癒されます・・・ほんと。ただ、ヒップホップ自身あまり聞き慣れていない方は「男の声いらねぇな・・・」とか思うかもしれませんが、慣れればその考えは反転します。慣れっていうか、本質に気付くというか。そう!! HIP-HOPの良さに!!!!!!!!!!!!!

正直このジャンルは難しいのは分かってます・・・。最近の流れでいうとインスト系やエレクトロニカなどもそう。普通の人はあまり聞きません。

しかしまぁ

ぶっちゃけ万人受けするようなカロリッスンネタがもう尽きたのが一番の理由!!!! いやいるっちゃいるが旬ではない!だからもうやりたい放題やるお!



ぜひ、一度興味を持って頂ければ幸いです。re:plusのオリジナルアルバムはまだこれだけですが傑作です。(他のアーティストとの共同REMIXアルバムもいいけどね!)

生存確認。

20080825132258.jpg





生きてます。ぎりぎりで。

もーほんと

勉強が

勉強が

ツライ

勉強をすることが辛いっていうより、

勉強が思ったように出来ないって言うのもあるけど、

なんだろう・・・この・・・

勉強だけに閉じ込められた日常・・・たいして勉強もしていないくせに・・・

う、うぅ・・・

久しぶりに暗い日記・・・。明日は担任と特別個人面談・・・(さっき電話してきた)


う、うぁぁ・・・・


ああぁ・・・・


おぇ゙え゙ぇ゙ぇ゙え゙ぇ゙・・・


昨日アリナミン飲み過ぎた・・・。





で!TSUTAYAに行ってきたお!!(^ω^)

映画レンタルしたお!!(^ω^) トイ・ストーリー3見るお!!(^ω^)

妹がグロイやつみたいっていうから「SAW」の2と3も借りたお!!(^ω^)

あとサマーウォーズと4時かけと呪怨2も借りたお!!(^ω^)

べ、勉強の邪魔だお・・・(´;ω;`)




今日のカロリッスン。


SiM - JACK. B (OFFICIAL ViDEO)



久しぶりにロックバンド、SiMの「JACK. B」です。

これは・・・特にオススメでもないかなぁ。この曲はおもしろいけど、アルバム単位で聞くとまだ安定感がない感じ。これからのさらなる進化を期待!

で!何が言いたいかって、こういう男臭いバンドで前から言いたいことがあったんだけど、

ROTTENGRAFFTYっていう結構人気な有名バンドがあるじゃないですか。丁度結成10周年を迎えたバンドです、が!

俺にはどうもあの良さが分からない!!!!

なんていうか曲名からサビから、いろんなところに「残念臭」がするというか・・・。あえてYoutubeリンクは貼らないけど、IMPOSSIBLE IZ NOTHINGとかもう目を瞑りたくなる・・・

あぁうわあああ音楽批判なんてしちゃだめだあああああどうせ俺の感性がずれてるだけなのにいいいぃぃぃいいぃぃ!!!!!!!



次からはもうちょっとポップ音楽を攻めていいかな・・・(ロックはちょっとネタ切れぎみです orz)

決意表明。

9471a38a-s.jpg






今日、2011年8月19日。たぶん今までで一番大きな決断をしました。

(真剣な雰囲気)

文転します。この時期に。3年生の夏休みもほぼ終盤の8月19日に!!!!!!!!!!!!!!!!

正直気が狂ってる。絶対無理。やめておけって。

でもします。正しくは、する予定。4日後にちょっと担任の先生と話してきて、それでGoサインが出たら、やるつもりです。

正直、現在の偏差値はぶるぁあああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ですがやります。どこの大学かは言わないけれど、偏差値はまぁ「まーち」とか「かんかんどーりつ」みたいな感じのところです。

で、何が言いたいかって・・・

Beautiful, Dirty, Rich

genkai gaga




曲名を記事のタイトルにするのっていいよね。

なんかセンスいい感じするし、他人が考えたやつだから痛くない。

でもレディーガガかよ!ガガ様ァァアッ!

俺はガガ好きだよおおおおおおぉぉおおぉぉおぉ!!!!!! 純粋に曲が。

個人的にはBorn This WayよりTHE FAMEの頃の曲の方が好きかなぁ。手軽に聞けて。

あ、ガガの話は別にどうでもいいのよ・・・w 別に記事のタイトルも適当だし。

が、画像も特に悪意はないし!!!! すげー前衛的でファッショナブルだし!! (ファッショナブル・・・?)




と、いうことで

最近思うのは、学生って、全然お金使わないよなっていうこと。

使うとしたら食費とか飲み物、カラオケ映画ボーリング?

まぁ後者は別にいいんだけど、特に食費に関しては明らかに使いすぎだと思う。

で、結果お金が無くなって、

ん、結局何が言いたいかって言うと、






若者はもっと本とかCDにお金をかけるべき!!!!


それら日本の偉大な文化に対する関心が薄すぎる!!!!


お前ら誇りの日本文化は自動販売機だけか!!!! 水飲め!!!!


とにかく漫画!と、音楽はもっと興味もってよ!!!!



おれひとりはかなしすぎるお・・・(;ω;)



という不満を日々抱えているわけですよ・・・






ま、でも現実的に考えると、もはやお金どうこう言ってる時点でちょっと違うと思う。

たぶん最近の若者は、漫画がタダでも本屋に行かないし、音楽がタダでもCDショップに行かないと思う。

では何が間違っているのか。

それはきっと、この問題を問題視として扱っていることが既に間違ってる。

進化していく分化の活路を全員が注目しているわけではない。

それが常に変わりつつある「現代の普通」。

それを受け入れて、じゃあ、どう変わるか。

それはもうその現代の普通を悲観しないこと。期待しないこと。

(ただいま自分に言い聞かせております)

誰かがそれを知らないのは当たり前。また、誰かがそれを知っているのも当たり前。

自分の価値観を人に押しつけてはならない。相手に勝手に期待し幻滅してはならない。

すべてを受け入れ、柔軟に生きる。

でも、もし向こうから私の望みを聞いてくれる人がいるならば、その時はなんなりと応えてあげたい。

その具現化した形が最近の幻界突破。自分の勝手な欲望を必要としてくれる人がいる。その人達のための情報伝達媒体として記事を書く。

今ではその人達はこのブログのリピーター。その時なめてたキャンディーはもちろんヴェルタースオリジナル。

なぜなら彼らもまた、特別な存在だからです。




今日のカロリッスン


[PV]Shake Your Body/Fear, and Loathing in Las Vegas




Fear, and Loathing in Las Vegasのアルバム「NEXTREME」より代表曲「Shake Your Body」のPVがついに公開!!

ラスベガスのPVは今まで全部最高にかっこよかったから今回もwktkが止まらねええぇえぇぇっぇええぇぇ!!!!!!!!!

と思ってたら今回は意外とシンプルな作りだったでござる。

ぱっと見る限りまさか一発撮り? そしてカメラワークや光彩の編集もあるがまま。まるでライブ映像のような作り。

ごめんなさい正直Love at First SightみたいなPVを期待してました・・・(oдO*)

ま♪ でもほんとに「あるがまま」だということを思ったらラスベガスの本質がよく分かっていいのかも。正直、これを見てライブに行きたくなった。
ってかSo君の動きが前回のPVと同じだよ!! それはちょっと気になったぞ!!
あと女性ファンが思いのほか多い・・・('A`) 増えた・・・。
いや、いいことなんだけど!いいことなんだけど・・・!!
ラスベガスにはあんまりアイドルっぽくなってほしくないなぁ。某バンドのように・・・。



ちなみに自分の中でラスベガスはStray in ChaosのPVが一番気に入ってるんだが、あれを超えるものはもう作られないのだろうか・・・
と思ってStray in Chaosのページ見たら64万再生いってるよw ちょっと前までワンオクの完全感覚Dreamerが100万再生で騒がれてたのに。まじやべーよ!

・・・

ということで今回はなんかよく分からん記事を暴走して書いてしまったような気がするような・・・(もう何書いたか忘れたわ・・・)
もう知らん・・・どうにでもなれ・・・(以下続きは久しぶりに「おまけ画像」です)

A-BOY?

       ____         / ̄ ̄ ̄\
       /___ \      /  ___ ヽ
    /  |´・ω・`|  \    /   |´・ω・`| \ 買った~
   /     ̄ ̄ ̄   \  / _,    ̄⊂二二)
   |  i          ヽ、_ヽl |        |
  └二二⊃         l ∪  |          |
     |   ,、___,    ノ    |    ,、   |
     ヽ_二コ/   /     ヽ  / \  /
   _____/__/´     __ヽノ____`´




E_m.jpg r_m.jpg





合計5000円。これはなかなかの痛手かもしれない・・・

ということで購入しました!

Aチャンネルビジュアルブックとカントク画集第二弾!

そういえばbb先生もカントクも、今はどっちも旬の作家になってしまったなぁ。特に自慢にならないけど、一応先生2人の作品は全部初版を持ってます(ニッコリ)

内容はー

カントクの方は良かった。とにかく女の子がかわいらしい!でももうちょっとカントクのそれぞれの絵に対するインタビューがほしかった。



Aチャンの方はちょっと微妙かなぁ。明らかに、出るのが早すぎた画集になってる。書き下ろし少ない。カラー少ない。ほとんど誰得キャラ紹介が締めてる。もーほんと企画者でてこいこら。

ってかAチャンってアニメ化してたんだっけ? 原作厨だからアニメは見たこと無いけど、とりあえず一言言っておこう・・・


せめて原作ストックたまってからメディアミックスに進出しろ!!!!  マジで。原作ファンのことも考えろよ。

そういえばけいおんも2巻しか出てなかったのにアニメ化したんだっけ?(Aチャンは面白いから納得だけどあれは未だに分からん・・・)

ま、結局何もないよりかはマシなんだけどね・・・。


  




久しぶりにこういう記事書いた。

音楽情報関連目的で訪問して下さってる方には、あんまりこういう記事はちょっとアレだなと思って控えてたけど・・・

やっぱり気にしない方がいいよね。ただの日記だしね。

こういう日記いいわー。楽だわー。楽しいわ~☆

さーて ではでは

今日のカロリッスン


KIYOSHI SUGO 「Awaking feat. I HATE THIS PLACE」




でました!エレクトロニカ!僕の大好きなエレクトロニカ!

の、期待の新人プロデューサー、KIYOSHI SUGOです。

一応言っておくと、このPVの曲にはフィーチャリングで歌がついてるけど、本来KIYOSHI SUGOさん単独での活動は後ろで流れてる電子音、つまりトラックメイカーです。歌は基本ないです。
でもこの曲はほんとよくできてるから、これからもこういう歌作りの方向にいってほしいっていう気持ちもあるけど。

最近の日本でエレクトロニカのプロデューサーでこれに似たところといったら80kidzくらいしか思い当たらないけど、ぜひ!80kidzと共に日本のエレクトロニカシーンを盛り上げていってほしいですね。今後に期待です。


ちなみにおまけ。80kidzで好きな曲。

左が歌ありの「She」。右が歌なしの「Flying Buttress」。

            

ちょっとこれは万人受けじゃないかも。普通の人は歌のない曲なんて普通聞かないよね・・・。
でもいつか聞いてみて~。かっこいいから~!(悲痛な叫び)


  


あ、そういえばコミケ終わったみたいですね。参加した人はお疲れ様です。俺もいつか行きたいなぁ・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。