2016 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業

なんか最近区切りが良いみたいなので、ちょっと宣言しておきます。



「PCライフを、卒業します…!!!!」



というのも、最近、どうも何とも言えない虚しさを感じるのです。

僕がPCをやり始めたのは、第一にPCのインターネットの世界に触れることが楽しく、また、「神」とも呼べる知識の塊のような人たちに出会い、俺もあんな風になれたら…と思ったことが始まりでした。

この世界に本格的に入ったのは昨年の9月…。そう、中学の部活を引退した時からです。

それからというものの僕は、物凄いスピードで知識を身に付けていきました。

誰もが通る「厨二」という壁を数カ月で克服し、圧倒的な知識は無知の者を蔑み、それから発展した客観視の奥に見える世界は、もう雲の上の存在で…。そこには、もう同じ高さの人たちは数えるほどしかいなかった…。

つまり、もう全てをやり終え、それ以上に目指す場所は無く、ただ共感者を、同じレベルの人間を探すだけの旅になっていたのです。

そいてもう一つ気付いたこと、それは、今僕が通っている高校では、その知識が全く活かすことができないのです。つまり、同じレベルの人間がいないのです。

それは知識の問題であり、何よりもその知識や深い経験、多くの人の一般的かつ特殊な意見、すべての物事の真理と摂理、それらを通して広がる世界観の角度の違いです。

こんなことは普段あまり考えてないし、行動にも出すことは無いので、実生活には全く差し支えないこと…。なおかつ実はそれは一般的なことです。

ただ、

「残念だ」

と、そう思うのです。

そしてそんな僕の今の周りの環境に、僕がPCをやる需要が全く見いだせないのです。

一時は自己満足だけで一生乗り切れるのではないかとも考えましたが、その域の知識はすでに凌駕してしまいました(ように思います)

「PCを完全にやめる」ということではありません。

だって毎日2chで楽しいスレ見たいし好きなブログも巡回しないといけないしたまには自分の趣味の範囲を広げたりもしたいしブログの更新もしないといけないし…

ってそんなことはどうでもいいんだ。ただ、

「知識の補充」への意欲が無くなった。または、「知識の補充」の必要性が無くなった、と言えば正しいです。

でもまだかなりの名残があるため、生活を一気に変えることは多分不可能です。

しかし、これからはたぶん少しづつ変わります。

もしかしたらリア充への道も遠くはな……んんん??

とりあえず、まずはこれからの方針を決めていかなければなりません。

実は先日のお菓子作りもその一環だったりするんです。




まぁ難しいことは置いといて、とりあえずそんな感じなんです(どんな感じだ)

今回の記事のタイトルは「卒業」ではなく、新しい「入学」でも良かったかもしれませんね。

…とりあえず、そんな感じなんですっ!!!!

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)
(2009/04/17)
中川淳一郎

商品詳細を見る

↑これは偏見デスヨネー。

では、新生-ネオ・カロリの入学祝に、ワンクリックお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

 この記事へのコメント

※スパムコメント防止のため、「http」という単語を禁止ワードに設定しています。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>夏野菜

STG…
シュタゲなら喜んでやりますが?

>kyo

確かに俺の行動そのものだけをこうやって記事とかで見るとただの痛い厨二に見えるかもしれないけど、俺が言いたいのはそれに対する姿勢そのものなんだよね。
これはいざ話してみないとなかなか伝わらない(´・ω・`)

とにかく、一般的に「痛い」と言われるような行動は俺自身の欲求からはもう沸きでませんね。
東鳩は俺の知識補充計画の最後の悪あがきでした。あの頃から、もうこうなる前兆は見えてました。

アニサマはぜひとも一度経験してみたい!!が、俺にそんな遠地まで赴く勇気があるのか…。
出かける時、家族に何て言えばいいんだ…。

金はあるぜよbbb

>誰もが通る「厨二」という壁を数カ月で克服・・・中略

・・・アレ?厨二病の人がここにいるようなw
ならネトゲがエロゲか来年のアニサマ付き合え!!

よし、STGをしようか。

コメント

Secret


人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。