2016 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖夜の後はサバイバル・・・・ byDON

クリスマスはこたつでMステ見ながら 

何事もなく過ごしたのだが・・・・・


翌日・・・・


鍋パやるぞ~!!ヽ(=´▽`=)ノ


友人のその一言で鍋パーティをする事になった。







(´・ω・`)「どこでやるのさ?」

ヽ(=´▽`=)ノ「屋外」



(´・ω・`)!?


まさかのアウトドアだと・・・・・・・・・・・・





















斬新でいいじゃまいか!!(*゚ロ゚)


こうして全員集まったのが5時半・・・・・


さむぃよ・・・・・・・


辺りは真っ暗&寒いという状況でまずは買い出しに行くことに・・・・




とりあえず業務スーパーへ直行

・しめじ
・えのき
・白菜
・キムチ鍋の素(ストレート)
・豚肉
・マロニー
・中華めん

以上を1200円程で購入

続いて100均へ行って

・万能ナイフ
・バーベキュー用の網
・固形燃料
・チャッカマン
・紙皿

を購入

あとは鍋と飲み物を持参して会場(人気のない山裾)へ移動




午後7時 鍋パーティ開始!!

DVC00032.jpg
(夜に撮影したので画質がすごい悪い)


メンバーは4人いたので 調理班と火起こし班に分割して作業開始
(ちなみに自分は火起こし班)

さっそく作業にとりかかる、が・・・・・・


ライトがない・・・・


火がつけばなんとかなるだろうと踏んでいたが

開始時刻が遅かったために辺りがかなり暗かったのだ・・・!!

しかたがないので一番ライトが強力だった俺の携帯のライトで照らしつつ

二人で枝や草をあつめ釜戸っぽいものを作成


DVC00028.jpg




この凹って感じに石は近くの公園にあったものをちょっと拝借





一方、調理班はというと

こちらも携帯のライトをたよりに、肉の入っていた発砲スチロールをまな板にし

ナイフで材料を切っていきます。(マジデ サバイバル)

野菜などは買っておいたミネラルウォーターを使い、その場で水洗い

切れた材料は紙皿の中に一つづつ分けていきます。

DVC00023.jpg




下準備も完了したのでいよいよ着火!!!!


(`・ω・´) DONはメラゾーマを唱えた



DVC00029.jpg

草の中に置いた固形燃料に火を付け、燃えやすい紙などに引火させて

燃え広がらせていこうという作戦です。




なんとか火は起こせましたが

このままではすぐ消えてしまうだろうと言う事で

釜戸の鍋を置くスペース以外の所を別の石で防ぐことにしました。

DVC00026.jpg

これによって上からの風は防げるし

尚かつ、釜戸の石は凹な形をしているので、横から扇いで

酸素を送り込めるので、まさに逸材だった訳です。






しかし・・・・


この後、火の勢いが上がらず、ついには鎮火してしまいました。

原因はというと、草や紙は燃えているが木が全く燃えていないという

結構深刻な問題だったわけで・・・・

しかし、そこはみんなの知恵を絞ることによって解決しました。




まず 木を拾ってきます。

細かく折って 薪にします。

それにキャノーラ油を塗ります。

新聞紙(キャノーラ浸し)にくるんで釜戸にくべます。



火力UP!!ヽ(=´▽`=)ノ


photo01_01_2.jpg





こうしてキャノーラ薪のストックを作って置くことで

火の心配は消え ようやく鍋にありつける事に・・・・

DVC00019.jpg
(鍋の横に余った固形燃料でプチロウソクを作り、鍋周りの視界を確保)

肝心の味の方は・・・・







ウマイ!!(´・ω・`)








やはり苦労した分、すごくおいしかったです。

(唯一の問題は友達がキノコ類の根本の部分をきってなかったせいで

キノコを食ったときのみジャリッという擬音と共に土を食ってしまう

事だった・・・・・)




やっぱり締めはラーメンでしょ!!!!

という訳で中華めんをいれたはいいが・・・・・・・・

DVC00017.jpg


水分がほとんど蒸発して



焼きそば状態に!!(*゚ロ゚)



とりあえず急いで買い出し班にキムチの素を買いに行かせたはいいが・・・・

今度は・・・・・・









キャノーラ薪


ストックが切れた・・・・




そこから阿鼻叫喚しながら、なんとか火を保とうと扇ぎまくったり

近くの紙皿、紙コップ、割り箸、何でも燃やした・・・・・・





そんな感じで最後にはおいしくラーメン食べて終わることが出来た。

我ながら、今回はなかなかおもしろい体験ができたと思う。

皆様もこの季節だからこそ、アウトドアを楽しんでみてはいかかでしょうか?

田舎の星空の下、みんなで乾杯して飲んだりんごジュースとつついたキムチ鍋は

(国崎)サイコゥ!! でした。



フィールドライフ・アウトドア・カタログ2009春夏 (エイムック 1728)
フィールドライフ・アウトドア・カタログ2009春夏 (エイムック 1728)
エイ出版社 2009-05-28
売り上げランキング : 173917


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






それではアウトドアライフのためにワンクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

 この記事へのコメント

※スパムコメント防止のため、「http」という単語を禁止ワードに設定しています。


やっぱり緋が点かないときは油ですよね~
新聞紙とかに火点けたら燃えているように見えるけど結局燃えてるのは新聞紙だけで木が全く燃えてなかったりするからね・・・

小学生のときに行ってたキャンプではマッチとか使わずに火打ち石で火点けて料理した思い出があったりする俺

>ヽ(=´▽`=)ノ「屋外」

桜は見えましたか?

>キャノーラ薪

wwwwwwなんかあったら売れそうだなwwwwwトーチ以上の火力だろwww

コメント

Secret


人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。