2016 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローカル サウンド スタイル


p108.jpg



公式HPにて、約3ヶ月ぶりの更新がありました。


非公式リツイートみたいな

LOCAL SOUND STYLEの公式HPより転載。




― LOCAL SOUND STYLEより大切なお知らせ ―

この度、わたくし荒関将寛は、個人的金銭トラブルにより
LOCAL SOUND STYLEを脱退します。
今まで応援してくれた皆さんや、関係者の皆さん、活動を共にしてくれた
メンバーには、多大なるご迷惑をお掛けしてしまい、
本当に申し訳なく思っております。
今まで自分が音楽活動を続けて来れたのは、CDを買ってくれたり、
ライブに来てくれた皆さんのお陰です。
そんなファンのの皆さんには、感謝の気持ちと、
申し訳ない気持ちで一杯です。
ここまで音楽を続けさせてくれてありがとうございました。
そして、皆さんの期待をこんな形で裏切ってしまい、本当にごめんなさい。

2011年8月30日 荒関 将寛



今年6月の活動休止の理由は、荒関のコメントにある通りです。
トラブルの報告を受け、メンバー/スタッフ共に問題解決に向けて
模索してきましたが、先日、本人から「今後は一人で対応していきたい」
との旨と、「脱退」の意思表示があった為、今回の発表に至りました。
自分達の中でも気持ちの整理が難しく、詳細をお伝えする事が出来ないまま、
6月には突然の活動休止という形を取る事となり、ファンの皆様、
関係各所の皆様には、多大なるご迷惑、ご心配をおかけしてしまい、
本当に、本当に申し訳ございませんでした。
また、多くの方々から応援のメッセージを頂く中で、
荒関の脱退という形でのご報告となってしまった事、
重ねてお詫び申し上げます。

4人での活動がこのような形で途切れてしまったことは残念ですが、
黒瀧、後藤、齋藤の3名の今後の活動を見守っていただければ幸いです。

今後のLOCAL SOUND STYLEにつきましては、
ホームページ/ブログ/twitter等を通じて、随時広報させて頂きます。

2011年8月30日
LOCAL SOUND STYLE 黒瀧 孝之 / 後藤 裕亮 / 齋藤 康輔






まず初めに、このことを自分に知らせるためにわざわざ直接コメントを下さった方々、ありがとうございますm(_ _)m


端的にまとめるとこうです。







・今年6月の突然の活動休止宣言の詳細


・LOCAL SOUND STYLEのVo.件Gt.の荒関さんが個

人的金銭トラブルで脱退 故の活動休止


・残った3人はこれからまた別々に活動していく予定...















この発表を、ファンはどう受け止めればいいのか・・・。

突然ツイッターで「LOCAL SOUND STYLEより重要なお知らせ」を見た時には震え上がりました。

ままままさか活動再開!!!!!!?????? なんていう期待と、その直後に襲う見てはいけないような不安感。

結果、望みは叶わず。で、内容。

活動休止の原因は荒関さんの「個人的金銭トラブル」。単純に思いつくのは、CDの売り上げとその収入の問題。

まぁでも本当の内容はもっと深い複雑な事情があるんだろうから、あまり勝手に深読みするのは無意味と思うので特に考えないことにして、

とりあえず

活動休止が、決定。っていうかこれはもう解散かしら?どっちにしろ同じ意味か・・・。

うーん・・・。

「悲しい」とか「再結成してほしい」みたいなことは6月に全部書ききったから今更特に言うことないなぁ。

(とか言って、LOCAL SOUND STYLEのオフィシャルブログには誰よりも早くそういうコメントを残してきたんだけど)


っていうかローカルのブログ!コメントが認証性で非表示になってるけど、せめてメンバーの人は見てくれてるのかな!? 最後のファンの叫びを!頼みを!

・・・たぶん今の流れでは一生表示されそうにないから、せめて自分で書いたコメントはここにも置いておきます。改めてローカルの活動休止について掘り下げた感想です。






自分はエモ・ロックというジャンルでLOCAL SOUND STYLEが一番好きでした。だから今回の活動休止はとても悲しいものでした。しかしそれは、個人的に好きなバンドが活動を休止するから悲しい、程度のことではなく、国家的、またはロックの歴史的財産の損失を思って、とても心が痛むのです。それほどに、LOCAL SOUND STYLEの作る曲は自分の心を打ちました。
6月の活動休止の発表は突然のことで驚きましたが、今回はその詳細を知れてよかったです。おかげで踏ん切りがつきました。
もうLOCAL SOUND STYLEの新曲を聴けないのは残念ですが、それでも今までに作られた多くの名曲があります。自分はそれを一生聞いていくつもりです。
LOCAL SOUND STYLEは自分の中でこれからも最高のバンドです。いままでの活動、本当にお疲れ様でした。








文字数の問題で最短限に収めた文章。ちょっと大袈裟に言いすぎたか・・・?

っていうか、あー

バンドなんて永遠に続くわけではないんだから、いちいちこうやって解散する度に悲しんでたらキリがないよなー


って思うけどローカルは特別だったんですゔゔゔぅ゙ゔぅ゙ぅ゙ゔ!!!!!!!!!!!!!!!!


う・・・うっ、うぅ・・・

もし俺ワンオクかラスベガスが今解散とかしたらもう登校拒否になるわ・・・

まぁどっちも売れてるから問題ないか・・・

っていうか学校には行けよ・・・

それより今心配なのはしおんぬ・・・!辻詩音!ここ半年くらいまったく音沙汰なし!これはまずい!まずいぞおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!



おっと話が逸れた

いやもうマジで

あああああああああああああああ

ローカルさあああああああああああああああああん

僕はずっっっっっと

あなたのことがああああ

好きでしたあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



101210_1646~01


部屋に飾ってるタオルで涙を拭くぜ・・・







今日のカロリッスン


LOCAL SOUND STYLE - Sailing



LOCAL SOUND STYLEの最期にふさわしい曲。(だと個人的に思った曲)

これを聞くと、「Doing It For The Kids」のジャケットのような景色が浮かぶ。

知らない道、知らない世界。でも、希望に溢れてるような、自由な世界。たしかこんな感じのインタビューをどこかで読んだような(?)

とにかくこの曲を聴くと、まるで旅をしているような感覚になる。何が何でも前を向いて進まないといけないような気がする。

なんていうかもう大袈裟な話人生の要素が全部詰まってるような気がする。っていうか俺の人生が。だって毎日聞いてたから・・・。いやほんと・・・

もうまた泣けてきた・・・ たおるたおる・・・


金があったら再結成すんのかなぁ・・・なんて(ボソッ
スポンサーサイト

コメント

 この記事へのコメント

※スパムコメント防止のため、「http」という単語を禁止ワードに設定しています。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>マルサさん

いえ、たぶんTSUTAYAにはおいてないです(笑)
ネットのレンタルなら大丈夫だろうけど・・・(あたりまえか)

捨て曲なし!というのには同意見です。共感できて嬉しいです。自分も特にCarry Onは大好きです!
個人的には、2ndから入った人には1stアルバムより、シングル「Carry On」と「Miles Away」に収録されているカップリングをオススメします。シングルカットの曲もアルバムとは別のバージョンなので新鮮でいいかもしれません。

1stアルバムは2ndとは違って全体的に大人しい印象を受けます。しかし2ndよりエモーショナルで、聞いていて優しい気持ちになれます。人によっては技術的な面での未熟さを感じるかもしれませんが、完成度は保証します。2ndのように疾走感溢れる感じはありませんが、どれも良曲揃いです。ぜひ聞いてみて下さい♪

なんかセールスマンの売り文句みたいになってしまいました長文すいません(笑)

LOCAL SOUND STYLE解散かあ。

個人的には捨て曲がほとんどないのがすごいなあって印象です。

出だしから印象に残りやすいメロディが好きです。

High and MighyとGet Outの出だしは特に。

曲全体だとGet OutとCarry Onかな、とにかく全部良い。



...あ,まだHOPEしか聞いてない。

TUTAYA行けば他のも借りれますかねえ?

コメント

Secret


人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。